保険料が安く、評判の良いおすすめな自動車保険会社とは?

保険料が安い評判の良い保険会社について

保険料が安い保険会社

保険料が安い保険会社というのは、まちがいなくダイレクト型の損害保険になります。

代理店を通じてないため、人件費などの経費を大きく節約することができるためです。

 

評判の良い保険会社は、どこか?

評判が良し、悪しは担当者によるところが多いのですが、会社のタイプについて簡単にご紹介したいと思います。

ダイレクト型の保険担当者は凄腕のプロの担当者であることが多い

保険料を支払う契約者にとって良い保険会社は、示談のときに強気の交渉をして少しでも自らの過失割合を下げるために努力していくれる会社になると思います。

ダイレクト型の保険会社では、保険金の支払いを少しでも下げることによって、毎月の保険料を下げるための工夫が行われています。

保険金の支払いを下げるというのは過失割合を少しでも有利に決着させる交渉にも繋がるのですが、同じ交通事故のプロである保険会社や弁護士を相手に勝ち抜いてきた凄腕の担当者が成功

報酬制で保険会社に雇われていることがあります。

 

実際、一件の交通事故で数百万円以上の保険金が動くのはザラな訳ですから、成功報酬がどのくらいか私は知りませんが、こうした凄腕の保険担当者は本気レベルが全く違います。

結果かなり契約者にとって有利な数字で着地させてきた案件を見てきました。本当に相手が可哀想になるくらいです。

 

顧客満足度という指数でも現れていますが、私がこうしたプロの担当者やアジャスターの中で、対峙することになった場合に本当に警戒して慎重に対応する相手は、「ソニー損保」と「三井ダイレクト」です。

正直普通の弁護士では、かなり苦戦する相手ではないかと個人的に思います。

そのため好戦的な性格で少しでも自分に有利になるようにしたいと思う方にはお勧めな保険会社になります。

交渉力の高さが裏目に出ることもある

これらの保険会社の担当者は凄腕なのですが、相手側にとっては酷い目にあってしまう可能性があります。

自分が保険をもらう場合

車両保険や人身傷害補償保険など自分が保険をもらう立場になった場合に、凄腕の保険担当者はたいへんです。

特に自損事故での車両保険の場合には、保険金詐欺を疑われて、調査会社から何度も確認されたという方もいました。

 

相手を怒らせることがある。

凄腕の保険会社は、交渉能力が非常に高く、素人ではまるで歯が立ちません。

そして合法的な対応ですが相手を怒らせてしまうことだってあります。

特に相手に過失がない交通事故では相手保険会社が示談代行を行うことができず、被害者と保険会社が直接対決することも多いのですが一方的な結果となることが多い印象で、少し可哀想に思えてしまう事もあります。

 

まとめ

保険料が安いことを前提とするなら、

示談交渉能力や過失割合で争う観点で選ぶならソニー損保や三井ダイレクトが良いと思います。

あまり揉めないで決着をはかりたい場合には、共済がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA