自動車保険の解約と中断の違いについて

中断証明の手続きと等級引き継ぎができる条件

転勤や引越しなどで車が不要になった場合には、自動車保険の取り扱いについてはぜひ注意して欲しいと思います。

自動車保険の適用をやめるときに「解約」と「中断」という手続きがありますが、中断を選択するのが良いです。

中断した保険契約は後日、自動車保険に再加入する際でも等級をそのまま引き継いで加入することができるのです。

もう自分は二度と車に乗らないと決めた方でも子供が初めて自動車保険に加入するなどにも「等級の譲渡」などにも利用できるため、解約せずに中断の手続きを行うことをおすすめします。

「中断」がおすすめな理由について

自動車保険の等級が7等級以上であれば、もう自動車保険に加入する予定がない場合であっても、とりあえず中断しておくことをお勧めします。

これは中断処理しておいても中断中に負担が生じる事もなく、再利用しなくても何のペナルティなどないためです。

ただし、等級が低い場合には中断することにメリットがないため、6等級以下であれば中断する必要もありません。

等級は子供などの親族に譲渡することも可能であるため、将来子供が自動車に乗るときのために等級を保存しておくのも良いですし、会社経営をすることになった場合にも利用することができます。

またご自身のみならず両親が高齢のため自動車に乗らなくなった場合などにも保存しておくと良いと思われます。

保険料を安くする手段としてはかなり有効な方法なので自動車保険は解約せずに中断するようにしましょう。

中断手続きに必要なもの

中断手続きを取るための要件についてご紹介いたします。

自動車保険を中断をすることで保険会社から「中断証明」が発行されます。

この時発行条件になるのが次の2点の要件を満たすことです。

中断証明書の発行要件

①7等級以上であること(事故があった場合には、次回更新時に7等級以上あることが条件になります。)

②車をすでに手放していること

また②の「車を手放していること」については口頭の報告ではなく書面により、なんらかの書類を提出し証明する必要があります。

具体的には・・・・

車を廃車にした場合・・・陸運局で発行する解除事由証明書など

車を譲渡した ・・・陸運局で発行する登録事項等証明書など

車検が切れた ・・・車検が切れた車検証など

ただし、海外への長期出張や妊娠中断の場合には、車の処分なしに中断証明を取ることができます。

保険会社の手続きに従って頂ければと思います。

中断証明の発行期限

中断証明書は自動車保険を解約してから1~5年間の期間は発行することが可能ですが、この期間は保険会社によってバラバラであるため、個別に確認を取る必要があります。中断は車を処分した直後でなくても発行可能ということを知っていれば、極端に遅くない限りはだいたいにおいて間にあうものです。

 

等級の引き継ぎ方について

中断証明書の有効期限は、中断してから10年間有効です。

※妊娠中断の場合には3年以内、海外渡航中断の場合には渡航日から10年以内などの例外もあります。

中断証明書の有効期限であれば、どの保険会社(一部の共済を除く)で復活する場合でも等級を引き継いで契約するすることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA