自分の車じゃなくても自動車保険に加入できますか?

Q 自分の自動車でなくても自動車保険に加入できますか?

自動車保険に加入できます。

ですが、自分名義の車じゃない場合に自動車保険に加入するときは、どの保険会社に対しても加入するときも、注意点があるのでご紹介しておきます。

個人売買に自動車を手に入れた場合

ディーラーや自動車販売店から自動車を購入した場合と違い、友人や友達、親族からの個人売買では旧所有者からの名義変更が必須となります。

この時に所有者又は使用者に自分の名前があれば問題がありません。

中古車の個人売買においては、通常は自動車の納車日の判定が車検証の名義変更の日とされます。

後付けで作成可能な納品書を作成するよりずっと信用度が高いので個人売買では車両の名義変更を最初に実施し、実際の自動車を使う日までに名義変更が完了するようにすると良いです。

 

ダイレクト型(通販型)は新規契約では新規取得でないと契約できないことがある。

ダイレクト型(通販型)は自動車保険に初めて入る場合には新規取得自動車でないと契約ができないことがあります。

ただし、インターネット上の見積もりではじかれた場合でも代理店など対人で詳しい内容を説明できれば加入することが十分できると思います。

 

所有者と使用者が別だと、どんなリスクや注意点がありますか?

使用者が自分の場合、所有者に車の売却・処分されてしまうリスク

基本的に自動車は所有者のもので売却や処分をするためには所有者の印鑑証明書や実印が必要になります。

所有者の書類が揃っていれば問題なく自動車は処分できてしまいます。

そのため使用者は普段、自分が使っている車をいつでも所有者に処分されてしまうリスクがあります。

交通事故などがあった場合のリスク

自賠責保険などは他人を怪我させた場合に補償される保険です。しかし自賠責保険では所有者と使用者は他人にならなくなるため保険金が出ません。

使用者が所有者をはねてしまった場合には所有者は他人にならないため自賠責保険が使えないというリスクがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA