自動車を駐車場で「当て逃げ」されて、傷つけられた場合の対処法

当て逃げ事故の被害にあった場合の対応

駐車場に止めていた自動車が、いつのまにか誰かに当て逃げされており、ライトなどが割れていたという事件にあう方がいます。

ライトの破損といっても、車種によっては非常に高額で、クラウンなどでは部品代だけでも片方24万円というのも見たことがあります。

高級車でなくても、ライトのプラスチック部分は比較的高額で、自費で修理するにも非常に納得のいかない悔しいものです。

当て逃げ被害にあった場合の対処について

警察に連絡して事故の届け出をします。

当て逃げ被害にあった場合には、程度の大小に関わらず、警察に事故の届け出をしておき事故証明が得られるようにしてください。

後日、相手が見つかった場合にも非常に役に立つことや使わなくてもデメリットはないので、当て逃げ事故があった場合には、警察には必ず届け出をするようにしましょう。

 

乗車中の場合にはナンバー車種、車の色を覚えます。

写真を撮ることができればベストですが、そんなことをしていると見逃すこともあるので、ナンバープレートや車の色、できれば車種について覚えて、忘れないうちにメモをします。

ほとんどの場合は、当て逃げした犯人を特定することができます。

防犯カメラや目撃者を探す

自分の車の周囲が撮影されている防犯カメラがないかを探します。

パチンコの駐車場の場合は、防犯カメラがあることが多く、実はパチンコの防犯カメラのお陰で、何台も当て逃げの犯人が見つかった事例を知っています。

現場に誰か目撃者もいるかもしれないので、諦めずに防犯カメラがないか探すことが大切です。

また駐車場などの当て逃げ事故の場合に目撃者がいた場合には、その駐車場の管理人に情報が寄せられていることがあります。

車両保険について確認する

部品代は見かけによらず高額であることがあります。

多くの場合には、当て逃げの損傷は車両保険を使わない方がメリットが多いのですが、外車や高級車の場合には当て逃げ規模の事故でも、20~30万円の修理代がかかることもあります。

場合によっては車両保険の利用も考えられるため内容のチェックをすることがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA