自分の子供など家族をはねてしまった場合に請求できる自動車保険

子供などの家族をひいてしまった場合の自動車保険の取扱について

被害者が家族でも請求できる自動車保険があります。

自宅の駐車場は、こどもにとって遊び場であり保育園くらいの子供であれば自動車の下にもぐって遊んだり、遊んでいたオモチャなどが自動車の下に転がっていって取りにいくなど珍しいことではありません。

事故は普通なら起きないことですが、いくつかの不幸が重なることで起きることがあり、子供をはねてしまった場合には私は運転手のせいだとは思いません。

急いで出かける用事がなければ、子供にも気づけた。

普段いないような場所に子供が何故かいた。

ありえない事が重なってしまったというだけなのに、大切な人を傷つけてしまう心の痛みは計り知れません。

 

・・・ですが交通事故で保険金が支払われるのは他人に対してのみと言われ、勘違いして保険金を請求していない方もいます。

任意保険は請求することができませんが、自賠責保険を請求することはできるので、子供のために必要な治療費を確保するようにしてください。

自賠責保険について

自賠責保険の他人とは運転手と車の所有者以外

自賠責保険は交通事故で他人を死傷させてしまった場合に請求できる保険です。

自賠責保険における他人とは、自動車の車検証に記載された所有者と運転手以外の人を指します。

なので、ほとんど場合や子供は他人に該当します。

怪我の治療費などは保険として請求することができます。

自賠責保険から支払われる補償の詳細について

任意保険について

任意保険の他人は、自賠責保険と基準が違います。

保険的には非常に面倒な言い回しをしているのですが、任意保険上の他人とは、他人じゃない人を考えます。

感覚的には同居の親族は他人ではありません。同居してなくても配偶者は他人じゃない。

つまり同居の親族、配偶者以外を他人とするイメージでだいたいあうと思います。

他人とされない者は以下のとおりです。

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または配偶者の同居親族
  • 記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子
  • 許諾被保険者
  • 記名被保険者の使用人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA