レンタカーで交通事故を起こした場合の自動車保険の補償内容に注意。激安レンタカーは保険を確認

レンタカーで交通事故を起こした場合の自動車保険

自分の自動車を持っている場合でも、飛行機で行った旅先でレンタカーを利用するということはよくあります。

レンタカーを運転中にもし交通事故に遭遇した場合にはどうなるのか、ご紹介したいと思います。

レンタカー会社は任意保険の加入が義務付けられていますが・・・注意が必要です。

レンタカーは、自賠責保険だけでなく、任意保険の加入のが義務付けられています。

この任意保険にしっかり加入してなければ「わナンバー」「れナンバー」での登録ができずに商用利用することができません。

しかしこの任意保険については、最低限の任意保険の加入を義務付けられているだけであり、実際に加入している保険内容については各レンタカー会社によってバラバラとなっているので注意が必要です。

というのも法律で定めている任意保険の補償内容は、まったく補償として足りてないためです。(下記参照)

実際に加入している保険内容については、顧客に見えるところ設置するか、聞かれると開示なければならないことになっているので、かならず加入している任意保険の内容について確認を取るようにしましょう。

有名な大手レンタカー会社では、しっかりした補償の保険に加入していますが、FCなどで色々な会社が参加しているレンタカー事業の場合には任意保険の補償内容については、きちんと確認を取るのが大事です。

 

レンタカーが加入している最低限の任意保険の補償内容

レンタカー登録時に受ける審査は都道府県によって違いがありますが、以下のように定められています。

貸渡自動車は、事故を起こした場合に備えて、十分な補償を行いうる次に定める自動車保険に加入するものであること。

ア 対人保険 1人当り 8,000万円以上

イ 対物保険 1件当り 200万円以上

ウ 搭乗者保険 1人当り 500万円以上

愛知運輸支局 レンタカー事業 許可基準の概要

法律上、強制している任意保険の補償内容は、正直安心できるほどの補償になっていません。

 

リースは、賃貸でもレンタカーと異なり、任意保険は加入されていません。

レンタカーのような「わナンバー」「れナンバー」についてはレンタカー会社で任意保険の加入が義務付けられていますが、長期間のリース契約の場合は原則として任意保険はユーザーが別に入ることが必要です。

リース契約のオプションによっては自動車税や任意保険、車検などのメンテナンス費用がオプションで含まれていることがありますが、基本はユーザー負担なので、きちんと確認を取る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA