業務上や通勤災害以外の交通事故では、健康保険を利用することができます。

交通事故の怪我の治療では、健康保険を使えないと考えられることが多い

第三者行為による怪我は、加害者が治療費を全額負担

被害者が病院で治療を受けた場合でも、健康保険は使うことができます。

通常病院で治療を受けた場合には、自己負担部分と保険負担部分に分かれて、患者は自己負担部分の治療費を病院で支払うことになります。

しかし交通事故の場合には、健康保険が使えないため全額患者が治療費を支払わなければならないと考えている方が多いです。

この考え方は間違っていないのですが、被害者である患者が治療費の全額を支払わなくても良い制度があります。

治療費を被害者が立替えて加害者に請求する場合にはお互い金額が小さいほうが楽なため、この制度を利用することで加害者にとっても被害者にもメリットがあるため知っておくと便利です。

自動車事故等の第三者行為での治療費は、加害者が全額負担するのが原則

被害者が怪我の治療で支払う医療費を、健康保険の適用を受けずに全額支払わせることは、一時とはいえ大きな経済的な負担を負わせることにもなります。

そこで実務上は、業務上や通勤災害以外のものであるなら健康保険を使っての治療を受けることができます。

この場合、健康保険が負担することになった治療費は最終的には加害者に対して請求することになり、加害者が支払うべき治療費を健康保険が立て替えて支払ったこととして取り扱われます。

第三者行為による怪我などの治療を受けた場合には健康保険組合へその旨を連絡・届出をする必要があります。

協会けんぽ:事故にあったとき(第三者行為による傷病届等について)

事務が複雑で敬遠されがちな健康保険

健康保険に立替えてもらう方法は、被害者にとって治療費の経済的負担が少なくなる一方で、提出していただく書類も多いため使いにくい面があります。

そこで多くのケースでは、交通事故の治療費については全額相手の自動車保険から支払ってもらうというやり方が主流です。

この場合、病院側は保険会社に対して一括して請求をすれば済み、保険会社は事故についての詳細な情報を自身で持っているため非常にスムーズに問題が進んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA