動物をはねてしまった場合の対応と自動車保険の補償について

動物をはねてしまったら、どうなるのか?

道路を走行していると動物の死体をみかけることがあります。

自動車ではねてしまう動物といえば、一番多いのは犬や猫・鳥などの動物です。

たまにゴツンの車に大きな傷が残る鹿やイノシシなどの接触事故などもあります。

ここでは動物をはねてしまった場合に、運転者の法的責任と自動車保険が適用できるかどうかについて、ご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

動物をはねてしまった場合の法的責任について

動物を死傷させてしまった場合のドライバーの法的責任については、その動物が誰かのペットや家畜などの誰かの所有物である場合には器物損壊の罪に問われる可能性があります。

逆にはねた動物が野生動物であれば罰金刑や運転免許の減点等はありません。

ただしモラル上の観点から「はねた動物」をそのままにしておくのはあまり好ましい事ではないため、二次被害の発生を起こさぬように然るべき対応を取る必要があります。

連絡先は一般道路では警察への連絡で高速道路の場合にはNEXCOとなります。

よくわからない場合には「#9910」に電話すると道路緊急サービスにつながり管轄の部署につながります。

 

 

 

 

 

 

ペットや家畜をはねてしまった場合の法的責任と対応方法

首輪をつけている猫や犬などのペットをはねてしまった場合、ペットや家畜は所有者がいるため法的には「所有物」という扱いになり器物損壊の責任を負うことになる可能性があります。

損害賠償の責任を負う場合には自動車保険の対物賠償保険が適用できるため、結論としては動物を動物をはねた場合には警察に事故の届出をすることが大切です。

事故現場から走り去ってしまうと、後日家畜の所有者等から被害届などが出され、”当て逃げ事故”扱いとなると、とても不利な状態になります。

また保険金の請求も困難になります。余談ですがペットの価格は子犬ほど高くなり、飼主の過失に応じて損害賠償額は減額されることもあります。

自分の車の傷について、自動車保険が適用されるかどうか?

動物と衝突して自分の車についた傷については「車両保険」が適用されます。

しかし車両保険には2種類あって「一般車両保険」であれば保険金を請求できますが、「エコノミー」であれば保険金は出ません。

エコノミーは「一般車両保険」の補償対象から更に単独事故や当て逃げによる損害を除いたものが補償対象となるため、単独事故扱いとされる動物接触事故は対象外となってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA