高速道路での停車の仕方

高速道路で故障した場合などの対応について

高速道路では、自動車は停車することは禁止されています。

加えて、最低速度が50km/hと決められており、50km/h以上で走行しなければ違反となります。

「最低違反違反」で警察に切符を切られた場合の行政処分点数1点、反則金は普通車で6000円となります。実際には45km/h以下での走行から捕まるようです。

 

そのため、車の故障やパンクなどで走行不能になった場合に停車するときには、高速道路特有の厳しいルールがあり、ほかの車を事故に巻き込まないように配慮する必要があります。

なお、適切な対応をとらずに後続車から衝突された場合には止まっている車の過失となるため注意が必要です。

高速道路で歩き回らない

高速道路で人がはねられる事故が多くなっていますが、自動車専用道路は人が歩くことを禁止されています。

まず最初に安全な路肩に移動することから始めて、車道には絶対に行かないようにしてください。

特に通報や当事者間の話し合いは車道で行わないようにしてください。

後続車への合図

ハザードランプをつけてください。発煙筒も炊きます。

停止表示器があれば車の後方に設置するのも忘れないようにします。

走行している車両と見間違われると、間違えて停車車両のいる場所を車線と勘違いして寄ってきてしまう後続車もいるので停止していることをアピールします。

 

車内に残らず、車のそばに立たない

止まっている車への衝突は意外に多いもので、追突されて押された自分の車にはねられるという事故も多いです。

車内や車の傍にはいないようにしましょう。

できればガードレールの外側に立つことが理想です。(自動車専用道路には入らない事)そして安全を確保してから通報します。

連絡先

道路緊急ダイヤル #9910 です。

故障・落下物・道路の破片などを見つけた場合の連絡先にもなっています。

非常電話

通常道路では1km置きに非常電話が設置されています。トンネル内では200m置きに非常電話があります。

%e9%9d%9e%e5%b8%b8%e9%9b%bb%e8%a9%b1

 

他にはサービスエリアやバスストップエリア、インターチェンジなどにも非常電話はあります。

会話ができない方でも、顎の骨折など会話ができない状態でも、あてはまるボタンというものがあるので通話できない場合には、ボタンを押して異変を伝えるようにします。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA