自動車の車検証の所有者が、販売店になっているのはどうしてか?

車検証の所有者が自分でなくディーラーになっているのは何故か?

何故、車検証の名義がディーラーにされることが多いのか?

ローンの担保になっているため

自動車をローンで購入した場合には、購入した自動車がローンの担保になることが普通です。

そのためローンが完済されるまでの間は、自動車の所有権を自分にすることができません。

ローンが完済されていれば、販売店に所有権を移したい旨を伝えれば”いつでも”自分の名義にすることができます。

車検証の名義変更手続きについては、こちらの記事を参考にして頂ければと思います。

 

営業に生きるため

車検証の所有権の名義をディーラーにしても、使用者には基本的にデメリットはありません。

ただしお客様が車を売却しようとした場合には、所有権のある販売店に100%連絡が入ります。

このときお客様が新しい車を買う可能性が非常に高いので、販売店は車を手放そうとする客に対して、積極的に営業をかけてきます。

車を買ってくれるなら、高く下取りしたり、安く提供するのでという展開で車の販売を行ってくるのが普通です。

ディーラーが所有者の名義を変えないのは、数年後にお客様が車を手放すタイミングを知り、営業に繋げるためでもあります。

自分の名義にすることのデメリットはありますか?

ないです。

車検証の名義を自分じゃないときのリスクとデメリット

信用リスクについて

車検証の所有者が大手のメーカーの販売店など信用度の高い会社であればいいのですが、小さな自動車販売店などの場合には倒産リスクが考えられます。

所有権を持たれたまま倒産されると、その後自分への名義変更の手続きがとても困難になるというリスクがあります。

乗換えや廃車時に面倒な手間

ディーラー名義にしておくと車を売却しようとした場合に名義変更のための書類が必要になりますが、依頼してから販売店に届くまで数日かかることがあるので少し不便です。

またトヨタから日産に車種を変更しようとすると営業攻めを受ける事があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA