保険会社から治療費の支払いを止められてしまった場合の対応

保険会社から治療費の支払いを止められてしまったらどうするか?

保険会社は、過去の実例をもとに平均治療期間を超える場合には治療費を打ち切ってくることがあります。

しかし怪我の治癒には個人差があり、平均にはまるで意味がありません。

治療費を打ち切られてしまった被害者はどう対応していけばいいのかをご紹介していきます。

自費で治療を続ける方法

怪我が治癒していない場合には保険会社が治療費の支払いを一度止めたとしても、途中で治療を中断せずに、そのまま治療を続ける必要があります。

そして治療が終わった段階で治療費を保険会社に対して請求するというのが一番やりやすい方法になると思います。

治療費の負担が大きすぎる場合の対処方法

交通事故の場合には自由診療になっており、健康保険が使えない状態になっていることが考えられます。

このまま治療を続けると医療費が高額になり被害者にとてつもない負担を強いることになってしまうため、病院に事情を説明して健康保険を使えるようにしてもらうと良いと思います。

この場合の健康保険は加害者が負担すべき医療費を立替えてくれているという立場になるため、健康保険にもその旨の連絡と書類の提出が必要になります。

交通事故では、健康保険を使えないと考えられるのはどうしてか?

 

裁判所に弁護士を通じて仮払い仮処分をする方法

大きな怪我では治療費が高額で負担が難しい場合もあります。

それなのに治療費を打ち切られた場合には弁護士を通じて裁判所に「仮払い仮処分」の手続きを取ってもらうことも有効だと思います。

この「仮払い仮処分」とは裁判所から保険会社に治療費を支払いなさいと命令してもらうものです。

重傷を負って入院しているなどの時に治療費の支払を止められたケースなどで使われる方法です。

仮払い仮処分は個人でやるには少し大変なので、弁護士を通じて行うことが良いと思います。

相当な期間の治療と高額な医療費を負担するようなケースでは、保険会社との示談には応じず弁護士を通じて交渉した方がはるかに良い結果になることも多いので、治療費を打ち切られたタイミングで弁護士と相談することが良いと思います。

まとめ

保険会社は過去の実績の平均治療期間などをもとに1か月、3か月、半年など切りのいい期間で治療費の支払を止めようとしますが、仮に治療費の支払いをとめられても、治療が必要な状態であるのなら、途中で治療を終えてしまうことはしないようにしてください。

怪我が長引く重度の症状では、遠慮したりせずに弁護士に相談することが一番です。

治療中なのに保険会社から「治療費の支払を打ち切る」と言われたら、このタイミングで交通事故に詳しい弁護士に相談するタイミングだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA