交通事故の物損事故を少額債権訴訟で解決しようとした場合の費用や手続きについて

交通事故が起きた場合に、過失割合にどうしても納得ができない場合に『裁判で決着したい』と考える場合はあると思います。

1~2万円の費用で簡単に決着がつく少額債権訴訟ですが、思わぬ落とし穴もあるので注意が必要です。

ここでは少額債権訴訟にかかる費用や注意点についてご紹介したいと思います。

少額訴訟について

物損事故の場合には、被害額はあまり大きくならないため、少額訴訟を検討する方は多いです。

少額訴訟の特徴には、次のとおりです。

  • 時間がかからない。
  • 費用が安い
  • 60万円以下の金銭の支払を求める場合に限り、利用することができる。
  • 弁護士に依頼しなくても良いほど手続きが簡単

 

 

 

 

 

 

 

時間がかからない

通常、一回の審理で決着し、基本的に控訴ができないため早期決着がはかれます。

費用がかからない

訴訟にかかる費用

合計でも10,000円かからないくらいであることが多いです。

①印紙代 ・・・裁判自体にかかる費用は、訴訟の金額によって1,000円~6,000円の印紙代がかかります。

訴額(請求)金額 印紙代
1~10万円 1,000円
10万円超~20万円 2,000円
20万円超~30万円 3,000円
30万円超~40万円 4,000円
40万円超~50万円 5,000円
50万円超~60万円 6,000円

 

②郵便切手代・・・4,000円前後の郵便切手代がかかります。

 

強制執行した場合の費用

裁判で勝利しても相手が支払わない場合には強制執行が必要になり、この場合には10,000円弱の費用がかかります。

①印紙代 ・・・4,000円
②郵便切手代・・・3,000~4,000円

その他の費用

証拠書類を揃えるために、写真代やコピー代、登記簿謄本取得のための費用が若干かかります。

※弁護士を雇った場合には弁護士費用が別途かかります。

 

必要な書類(資料)について

(1)訴状

簡易裁判所の受付相談センターに少額訴訟の定型の訴状があります。
分からない点があれば相談センター窓口の書記官確認すると教えてくれます。

(2)登記事項証明書

訴訟相手が法人になる場合には、登記事項証明書が必要になります。

(3)訴状副本

『副本』とはコピーの事です。

(4)証拠書類

証拠資料としては、次のものがあります。

①事故時の現場の写真、図面
②修理代の見積書(請求書・領収書)

少額訴訟の流れ

(1)訴状の提出

被告の住所地を管轄する簡易裁判所に訴状を提出

(2)期日の連絡

裁判所で訴状が受理されると、実際に審理・判決する期日の連絡があります。

(3)事前徴収

裁判所の書記官から事実関係の確認、追加の証拠書類の提出や証人の準備をすすめます。

(4)答弁書を受け取る

相手側が提出した答弁書が届き、反論の内容などが書かれています。

(5)裁判

原告と被告、裁判官と書記官らが集まり審理が開始されます。
30分~120分程度で終わることが多いです。

(6)判決

審理終了時に判決が行われます。

少額訴訟の注意点について

(1)回数制限

少額訴訟は年間10回までしか利用することができません

(2)通常訴訟への発展

少額訴訟は請求先が通常訴訟を希望すれば、通常の裁判に移行することになります。
この場合には、裁判に勝ったとしても経済的には何のメリットもなくなることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA