トンネル内での駐停車について

駐停車禁止の止まることが許されない場所があり、トンネルの内部や高速道路がその代表ですが、トンネルについては、高速道路よりも厳しいものになっています。

これはトンネル内部には、高速道路のように十分な路肩スペースがないことが多く、さらに薄暗くて狭い場所であるため、大事故につながる可能性があるためです。

トンネル内の駐停車禁止について

トンネル外又は非常駐車帯で車を止める

トンネル内では、路肩スペースが少ないため、停車の仕方によっては二次事故を起こす危険性が非常に高い場所になります。

そのため、車の異常に気づいたら、すぐにハザートランプで後続車に異常を知らせ、ニュートラル走行で可能な限り走行して『トンネル外』又は750mおきに設置されている『非常駐車帯』に止めることになっています。

非常駐車帯

 

 

 

 

 

 

 

また、薄暗いトンネル内では、停止表示器材を設置する作業そのものが大きな危険をともないます。

発炎筒も視界を悪くする恐れの方が高いため、使用できない場合があります。

よほどの事がない限り、トンネル内で停止することは避けるようにする必要があります。

避難方法について

1.車からの脱出

トンネル内の非常駐車帯に停止した場合には、同乗者は必ずクルマから降りて、非常口などの安全な場所に避難します。

これは非常駐車帯であっても車内には絶対に残らない事が大切です。

その後、停止車両の後方に三角停止表示板などの停止表示器材を設置します。

高速道路で故障やその他の理由でクルマを停止させたときは、停止表示器材を設置して後続車に停止車両の存在を知らせる義務があります(道路交通法第75条の11)。

これを怠ると「故障車両表示義務違反」に問われるので注意してください(減点1/反則金6000円/普通車)。

2.連絡

次に非常電話で通報します。非常電話は非常駐車帯にありますが、トンネル内には約200m間隔で左路肩側にも設置されています。

受話器を取るだけで道路管制センターにつながるので、故障の状況などを伝えて係員の指示に従ってください。

携帯電話であれば、道路緊急ダイヤル「#9910」または110番に通報します。

安全器材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA